市民と行政が協力し、地域・街の課題を解決・共有していくための仕組み

FixMyStreet Japan は市民と行政が協力し、道路の破損、落書き、街灯の故障、不法投棄など、地域・街の課題をスマホを使って解決・共有していくための仕組みです。

市民の方へ

地域の課題をあなたのスマホでレポートしてみませんか?市民の方のレポート・コメントの投稿・閲覧は無料です。FixMyStreet Japanサイトへ

行政の方へ

2020年12月25日現在、 愛知県半田市大分県別府市福島県郡山市奈良県生駒市福島県いわき市埼玉県熊谷市長野県安曇野市群馬県渋川市新潟県妙高市宮城県仙台市福島県須賀川市愛知県東浦町秋田県湯沢市三重県四日市市大分県中津市秋田県大仙市宮城県登米市新潟県柏崎市三重県亀山市岩手県二戸市青森県青森市和歌山県海南市福島県喜多方市 で本運用を行い、課題の解決にご利用頂いています。

行政職員の方が使用・対応される際は、自治体機能(有償)を導入して下さい。

お問い合わせ

2016年1月12日(火)より、福島県郡山市で本運用が始まります。

写真: Copyright(C)Koriyama City

2016年1月12日(火)より、福島県「楽都」郡山市で、スマートフォンを活用した情報投稿システム 「ココナビこおりやま」(FixMyStreet Japan) がスタートします。全国では愛知県半田市、大分県別府市に続き3番目、東日本では初の導入です。
仕組み、アプリの使い方は「広報こおりやま」2016年1月号14~15ページに掲載されていますので、街の問題を見つけたら是非是非投稿してみてください。

関連記事

4月1日より、大分県別府市で本運用が始まりました。

4月1日より、大分県別府市で、FixMyStreet Japanの本運用が始まりました。
別府市はご存知の通り日本屈指の温泉地で、道路に埋まっている温泉管、また人口に比べて観光客数が多く、観光バスなどの車両が多いため、道路が傷みやすいとのことでした。

関連記事

大阪市で「マイコミおおさか」についてのアンケートが行われます。

3/31の「マイコミおおさか」の試験運用終了に伴い、期間中サイトを利用(閲覧・投稿)された方々を対象に、大阪市で4/1〜4/15の間、アンケートが行われます。

大阪市電子申請・オンラインアンケート【「マイコミおおさか」試験運用 利用者アンケート】
パソコン・スマートフォンの方
携帯電話の方

2015/1/19より「マイコミおおさか」大阪市全域で試験運用を行います。

昨年4月から7月にかけて大阪市内8区で行われていた実証実験ですが、2015/1/19から2015/3/31(予定)まで大阪市24区全区で実証実験を行います。

関連